知財高裁平成28年10月26日(接続端子事件)

知財高裁平成28年10月26日 (接触端子事件:島野製作所 vs Apple Japan)を例に,特許権の侵害を回避する事例について研究していきます。
下記が、訴えの提起時の本件特許権の内容でした。

【請求項1】

管状の本体ケース内に収容されたプランジャーピンの該本体ケースからの突出端部を対象部位に接触させて電気的接続を得るための接触端子であって、前記プランジャーピンは前記突出端部を含む小径部及び前記本体ケースの管状内周面に摺動しながらその長手方向に沿って移動自在の大径部を有する段付き丸棒であり、前記プランジャーピンの前記突出端部を前記本体ケースから突出するように前記本体ケースの管状内部に収容したコイルバネで付勢し、前記プランジャーピンの中心軸とオフセットされた中心軸を有する前記大径部の略円錐面形状を有する傾斜凹部に、押付部材の球状面からなる球状部を前記コイルバネによって押圧し、前記大径部の外側面を前記本体ケースの管状内周面に押し付けることを特徴とする接触端子。

主要な図面は,以下になります。


 
この事案を例に,特許権が如何にして回避されているかを検討していくことにします。

This entry was posted in 事例研究. Bookmark the permalink.