特許権の範囲の決め方(その1)

そこで、特許権の範囲が、どのようにして決まっていくのかをしばらく解説します。

特許法70条1項では、「特許発明の技術的範囲は、願書に添付した特許請求の範囲の記載に基づいて定めなければならない。」とされています。
この技術的範囲という用語が難しいのですが、まずは、とりあえず、特許権の範囲というくらいに理解しておいてください。
特許権の範囲は、願書に添付した特許請求の範囲の記載に基づいて定めなければならないとされています。
特許請求の範囲は、請求項という形で、項分けして、文章で表現されています。
その文章で表現された内容から、まずは、特許発明の技術的範囲を決めていくことになります。

This entry was posted in 特許回避・特許迂回の方法. Bookmark the permalink.